♥現在の閲覧数♥ ★32622★ 2015年05月
FC2ブログ
★32622★ 2015年05月
FC2ブログ
04≪ 2015/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2015-05-24 (Sun)

◆初めての方はコチラから読んでください◆
↓↓↓↓↓↓
◆はじめに◆



***********
自分から別れを告げたくせに
毎日泣いて過ごした。
店は夜出て、淡々と仕事をして帰宅する。
ロボットのような生活。
働くことで存在価値を見出してるくせに
倍以上の虚しさで押しつぶされそうになる。
死にたくなるが正しい。

手紙を読んでは泣き、やっぱり待つべきではないと考え直し
それでも彼を信じ 期待をしてしまう。
夜の勤務に変えて正解だったかもしれない。
お日様の出てるうちはまだマシ。
夜の孤独感は死にたくなる。

眠れないし食べれない。
彼を養っていくだけの力があれば。
いろんなことを考えても結局は同じ。
それが伝わるわけもなく、伝える術もなく。
最後に逢えた日から一ヶ月くらい経った頃かなぁ。

ピンポーン

チャイムが鳴って鍵が開いた。
大きなカバンを持った彼が立ってた。

遅くなってごめん。

まさか、彼が来てくれるなんて。
そんな日に限って。
わざわざそんな日に限ってそんな偶然。
その少し前にやっちゃったのよ。私。
何をどう思ったのか覚えてないけど
こうやって今生きてるってのは
浅はかな気持ちでやっちゃったんやろう。



冷静に止血をし救急連絡をしてくれたらしい。
気がついたのは病院。
怒鳴られることも怒られることもなかった。
ただ、彼は自分を責めてたと思う。

荷物を持って家を出てきてくれた彼に
私はなんてことをしてしまったんやろう。
後悔をし泣いて泣いて謝った。
俺のせいで追い詰めてごめん。
遅くなってごめん

と繰り返した。
傷跡は残っている。


ご自由にどうぞ(`・д・´)
★足跡帳★


♥♥♥♥♥♥♥リンク♥♥♥♥♥♥♥

励みになりますので(´ω`)
よろしくお願いいたします。


♥♥♥♥♥♥♥リンク♥♥♥♥♥♥♥





にほんブログ村 その他日記ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ

風俗ブログランキングへ







関連記事
| ♥自宅♥ | COM(2) | | TB(0) | |
2015-05-26 (Tue)

◆初めての方はコチラから読んでください◆
↓↓↓↓↓↓
◆はじめに◆




***********
一晩だけ病院で過ごした朝
目が覚めると彼がいた
叱ることもせず、いつもの様に伺う仕草で
遅くなってごめんね

と謝っていた
朝ごはん食べれそう?
食べれたら帰宅してもいいよって



縫合せずに済んだ。
ためらい傷。
あぁ私はなんて事をしてしまったんやろう。
切ったからには死ねよと自分を呪った。
覚悟して切れよ。
切り落とす覚悟で切らなきゃ 死ねない。




*******


結局、彼は話をつけて家を出たというけれど
聞けばまだ結審はしていないという。
所謂、調停。
もちろん口を挟むつもりはないし
突っ込んで聞くこともしんかった
現状はどうなの。今どこまで話は進んでるの。
聞きたいけれど 聞かずにいた。
聞けずにいた が正しい。


ここにいてて大丈夫…?
大丈夫。心配するな。


何度か聞いてみた。
不安で。何もかも不安で。
彼が帰ってしまうことも
途中で投げ出して元に戻るかもしれん。
不安でたまらんけど、でも。
私が原因で不利になることも全部全部わかってたから
結審するまで、一緒にいてはいけないと理解していた。
悩んで悩んで 決心をして決断をして。
いろんなものに諦めをつけて
カバンひとつでここに来たはず
それだけでもう十分。
その気持ちを戴けたことだけでもう大丈夫。

帰るべきじゃないのかな…

彼の決心を踏みにじるつもりなんてないけど
これから先も一緒にいたいからこその思い。
うまくいくためには、ちゃんとするべきところかもしれない。


おいおいww
どの口が言うとんねん!ww

は言わんといてください笑 すみません。


*******
フェイクまぜつつね。

向こうで話がつかないから
弁護士をたて調停に持ち込んだのは数ヶ月前
その前にはあちらさんは逃亡をした
携帯を折られほぼ何も持たずにここに来た

携帯を渡し、衣類を買った。
持参していた旅行程度の衣類は処分した。
かかとの薄れた靴下、腰周りが擦れて透けてしまってる下着
クタクタになったTシャツ 着古したデニム
ボロボロの靴。

何もかも処分した。
もちろん了解を得て。

朝起きて隣で彼が寝てる。
ご飯を作って起こす。
一緒に食べて 仕事に出す。
温かい食事を作って待つ。

手の届くところに彼がいる幸せに
精神も安定し、眠れるようになって
食べれるようになった。
笑えるようになってやっと身体が元に戻った。
それでもまだ、夕暮れになると不安で
夜になると怖くて悲しくなる。
毎晩彼は私が眠るまでトントンをしてくれた。笑
勤務の時は合間を見て連絡をくれたり
私も実家に帰ったり、友達のところに泊まったりしてた。

ある日の朝。
帰宅するはずの彼が遅い。
長引いてるんかなと不安になったとき
知らない番号から電話が鳴った。





ご自由にどうぞ(`・д・´)
★足跡帳★


♥♥♥♥♥♥♥リンク♥♥♥♥♥♥♥

励みになりますので(´ω`)
よろしくお願いいたします。


♥♥♥♥♥♥♥リンク♥♥♥♥♥♥♥





にほんブログ村 その他日記ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ

風俗ブログランキングへ








関連記事
| ♥自宅♥ | COM(2) | | TB(0) | |
2015-05-31 (Sun)


◆初めての方はコチラから読んでください◆
↓↓↓↓↓↓
◆はじめに◆



---電話が鳴る。
---私の携帯が鳴る。
---知らない番号で鳴る。


ワクワクしたあなた。
ご想像通りの展開です。
奥様からの電話でございます。

正直な気持ち、彼を心配した。
ただそれだけでした。
大丈夫かな 怪我してないかな
刺されてないかな。


***


帰宅しない彼を勤務先にて拉致。
拉致で正しいと思います。
なぜなら話をして家を出たというから。
尚且、何より弁護士さん曰く 調停中は接見は禁止だと。

あちらさんの交換条件。
どこのもんじゃワレ。
今すぐ来い。
さもなくば と言う。

んー。まいったな。
どうすべきか。
彼はどうなんだろう。

聞いてみた。

すみません。
話が読めないのです。
すみません。
ご主人はなんとおっしゃられているのですか ?

電話に出る彼に聞くと

弁護士に連絡を

****

んー。
大変なことになったな。
彼と共に責任をおって生きていく腹をくくってるけど
なんだか話にならなさそう。
そんなことよりなんで私の存在がわかったのか。
彼が吐いたのか。調べられたのか。
ずるいと言われればそれまでだけど
大きくならないよう存在は隠していこうと
弁護士さんとも打ち合わせていた。

んー。仕方ない。
私が悪いんだし。

わかりました。
伺います。


相当な覚悟を決めて出てきた彼。
今度は私が覚悟を決める番。








ご自由にどうぞ(`・д・´)
★足跡帳★


♥♥♥♥♥♥♥リンク♥♥♥♥♥♥♥

励みになりますので(´ω`)
よろしくお願いいたします。


♥♥♥♥♥♥♥リンク♥♥♥♥♥♥♥





にほんブログ村 その他日記ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ






にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ



関連記事
| ♥自宅♥ | COM(4) | | TB(0) | |